ラスベガスの閉ざされた窓

ラスベガスのホテルでは窓が開かない

皆さんはカジノに関するこんな話を聞いたことがあるでしょうか?

これはラスベガスに旅行に行った友人に聞いた話ですが、滞在したホテルの窓が開かず、換気できずにとても困ったそうです。

予想と違うイメージかもしれませんが、ラスベガスは乾燥しやすい気候であるため、旅行の際は乾燥対策が必要です。そうであるにもかかわらず、窓が開かないのはとても気になります。しかし、そこには思いもよらぬ真相があったのです。

今より昔、ラスベガスのホテルの窓はきちんと開くようになっていました。これなら換気もできるので問題ないのですが、ここで別の問題が起こりました。その問題こそ、カジノに大きくかかわる事だったのです。

ある旅行客が窓を開けて、そのまま飛び降りてしまったそうです。何故飛び降りたのか謎が深まるばかりでしたが、実はその旅行客はカジノで大負けをしていることが後にわかりました。

カジノで大負けしたことによる自殺。そのような結果になってしまったのです。それ以来、ラスベガスのホテルでは窓を閉ざし、宿泊客が窓を開けることができないようにしたそうです。これが、ラスベガスのホテルで窓を開けることができない理由だったのです。

今となっては、これが本来の話であるか判断はできませんが、とても印象深いカジノに関する情報でした。

ラスベガスの窓

ラスベガスの窓の真実

実はラスベガスの窓が開かないという話、面白くするための作り話という話もあります。

このように言われるのも、ラスベガスにある高層ホテルではバルコニーが用意されているところもあります。また、換気のために、窓自体が少し開くようになっていることもあるそうです。

少なくとも以上のようなホテルがあることから、窓が開かない理由も話とは違うことがわかります。

何故、ラスベガスにおいて窓の開かないホテルがあるかについては、様々な説があります。例えば、前述した通りラスベガスは乾燥地帯に属しています。砂漠のど真ん中に位置していれば、それは当然のことですよね。そんな中、窓を開けっ放しにしておくと、砂埃が部屋の中に入ってしまうのは言うまでもありません。

そのため、掃除の手間を減らすよう、ホテル側が対策しているという説があります。

また、それとは別の理由として、窓を開けると部屋の空調効率が悪くなり、電気代が必要以上にかかってしまうこと。さらには、旅行客に窓からの景色を楽しまれてしまうより、カジノで過ごす時間を多くとって欲しいことからとも言われています。このようなことから、実はホテル側の様々な大人の事情があってできた噂話であることが見えてくるような気がします。

ちなみに、オンラインカジノであれば自宅にあるパソコンから遊ぶことができるので、自由に窓を開けることができますよ!