そもそもカジノって何語?

そもそもカジノって何?

カジノ(casino)は、ギャンブルを行う施設の一つでルーレット、ブラックジャック、バカラ、ポーカー、スロットなどのゲームで金銭を賭けて遊べる場所の事です。

日本では賭博行為が禁止されているため、カジノの設置は認められてしませんが、ラスベガスやマカオやシンガポールなどではカジノが合法化されている為、手荷物の持ち込み制限や年齢制限などはありますが、日本人は入場料無料で24時間いつでもカジノを楽しむ事が出来ます。

カジノの語源はイタリア語で「小さな家」

カジノは何語

カジノ(casino)の語源はイタリア語の「小さな家」を意味する「カーサ(Casa)」の事で、もともとは王侯貴族が所有していた社交用、娯楽用の別荘を意味していました。これがカジノの起源です。

時代の流れとともに娯楽施設を備えた遊戯社交場の認識が強まり、産業革命以降には一般大衆を対象とした集会場がヨーロッパ各地に誕生してカジノと呼ばれるようになりました。

初期のカジノは『特権階級向けのサロン』と『賭博好きの庶民の娯楽施設』という2つに分類されていました。その認識は、現在まで受け継がれていて、『特権階級向けのサロン』の名残りがある厳格で荘厳なヨーロッパ式のカジノ、『賭博好きの庶民の娯楽施設』の名残りがあるカジュアルで気軽なアメリカ式のカジノのベースとなっています。

さまざまな規制を作り違反者を弾圧していましたが、フランス革命によって王政が崩れてからは賭博に対する制限が無くなり更に流行し、総裁政府の時代には賭博場を公認としてコントロールし、ナポレオンによって賭博規制が行われました。そして第三共和政の1907年に合法化されました。

経済活動を目的としたカジノ導入への動き

現在カジノは120ヶ国以上で合法化されており、国によって制限内容は大きく異なります。現在日本でも外国人観光客の誘致や、地域振興の為にとカジノが利用出来る大規模リゾート施設を求める動きがあります。

その理由としてここ数年前から、外国人観光客の減少や失業率の増加が上げられます。その対策法としてカジノの合法化を検討されてきました。

ただギャンブル依存症やマネーロンダリング等への懸念も心配されている為導入の目処は立っていません。

ジパングカジノの業者情報ページ

Check!このページで紹介した業者はこちら

ジパングカジノ

ジパング(Zipang)カジノ

ジパングカジノは、アカウント登録無しで遊べるフリープレイが人気の業者です!フラッシュ版でゲームをするときは、ウィンドウズ(Windows)、マック(Macintosh)どちらとも対応しているのでほとんどのユーザーが気軽に利用することが出来ます!キャンペーンも豊富で、ゲームの種類も豊富なので飽きの無い業者です!