オンラインカジノの税金

オンラインカジノは、オンライン(インターネット)で本場のカジノのようにゲームを楽しんだり、お金を賭けて遊ぶ娯楽です。家に居ながら、本場のカジノで遊んでいるようなそんな楽しみ方が出来るのがこのオンラインカジノの最大の魅力です!

しかし、儲けたお金に税金はかかるのでしょうか?オンラインカジノは海外業者ですが、日本の法律にしたがって日本に税金を収めなくてはなりません。その、方法や税金の収め方、世界の税金事情なども含め分かりやすく紹介していきます。

そもそもオンラインカジノで儲けたお金って何税なの?

オンラインカジノで得た利益は、所得の種類としては、競馬競輪の配当と同じ【一時所得】に区分されます。

オンラインカジノは、固定の勤め先ではないのでその年1月1日~12月31日までの儲かった金額(純粋な利益)を確定申告し、税金を収める必要があります。

そして、全ての人が税金を収めないといけないわけではなくオンラインカジノの利益が1月1日~12月31日までの間に20万円を超える人が、確定申告して税金を収めなければいけません。(20万円以下の方は、税金を収める対象ではありません。)

しかし、一時所得には特別控除金額というものがあります。50万円までは控除されるので実際に税金の対象になる人は70万円以上利益を出した人ということになります。当別控除金額を差し引いた計算方法は以下のとおりです。

純粋な利益70万円ー特別控除額50万円=利益20万円 ← この計算後、利益が20万円以上の方が確定申告して税金を収める対象の人と言うことになります。なので、一時所得が、70万円以下の方は、申告しなくてもよいということになります。

税金の計算方法

・所得税法第34条第2項
「総収入ー総支出ー特別控除額(最高50万円)=一時所得

・所得税法第22条第2項第2号
一時所得×2分の1=所得税

総支出額は、自分が支払った金額です。必ずこの支払った金額を総収入額から引いておきましょう。

確定申告って何を持っていけばいいの?

①源泉徴収表(勤務先の会社からもうらうもの)
②支払調書(オンラインカジノからもらうもの)
③経費の領収書やレシート(所得が300万円以下の方は、必要なし)

②の支払調書は、掛け金証拠書類としてパソコン上でつけた日々の収支明細を(自分で作って)プリントアウトすれば代用可能です。実費で記入したメモでも可能。

もし、オンラインカジノ側から出してもらいたい場合は、サポートに連絡すると出してもらえます。

課税対象になった場合、日本に住んでる以上絶対に税金を払わなければなりません。有名な話だと、競馬などで高額配当をもらった方がのちに多額の税金を請求され裁判になった話がありましたね?

税金は免れることのできない国の制度なので、きちんと確定申告を行い後で困らないように対策をしておきましょう!