ブラックジャックのルールの最高得点が21である理由

ブラックジャックのルール

トランプでみんなも遊んだことがあるカードゲーム「ブラックジャック」のルールは知っていますか?

このゲームは、自分の手札とカードを配る人(ディ-ラー)の手札を見比べて、どちらが「21」の数字に近づけることができるのかを勝負するゲームです。

ルールは、はじめに自分の手札とディーラーの手札に2枚のカードを置きます。

自分の手札にある2枚のカードの合計が「21」により近くなれば勝ちやすい状態です。もし、ディーラーのカード合計が20で、自分の手札のカード合計が19のとき、このままではディーラーの勝ちとなり、ゲーム終了です。

ですが、自分の手札はまだ「21」になっていないので、追加でカードを引くことができます。もし、カードを引いて「2」の数字が出れば、カード合計が「21」になるので、ディーラーに勝つことができます。しかし、数字が「2」ではなく「3」のとき、カードの合計が「22」以上になってしまうので、その時点で終了になります。

ディーラーは決まった回数までしか引くことはできないのですが、自分の手札の場合は何度でも引くことができます。

カードのルール
○絵札(K「キング」、Q「クイーン」、J「ジャック」)と10は、全て10でカウントとします
○A「エース」は、1または11で、カードの状況に応じてプレーヤーに都合よくカウントされます
○上記以外の2から9までの数字は、そのままカウントされます

ブラックジャックの起源

detabase-blackjack

ブラックジャックは、18世紀のはじめにフランスで始まったそうです。

当初は、ブラックジャックと言う名前ではなく、「vingt et un(ヴァンテ・アン)」又は「twenty one(21)」と呼ばれていました。ヴァンテ・アンはフランス語で「21」と言う意味があります。

では、なぜブラックジャックのルールで最高得点が「21」になっているのかと言うと、ブラックジャックという名前から決められています。

ブラックジャックと言う名前は、スペードの「A(エース)」と、スペードの「J(ジャック)」を最高の組み手として扱うことになったからです。

この2枚のカードの組み合わせが21になったため、最高得点が21という数字になったのではなく、フランス語で「ヴァンテ・アン」の「21」という数字から出来ています。

オンラインカジノ業者でブラックジャックをするなら、おすすめはジパングカジノです。

ジパングカジノの業者情報ページ

Check!このページで紹介した業者はこちら

ジパングカジノ

ジパング(Zipang)カジノ

ジパングカジノは、アカウント登録無しで遊べるフリープレイが人気の業者です!フラッシュ版でゲームをするときは、ウィンドウズ(Windows)、マック(Macintosh)どちらとも対応しているのでほとんどのユーザーが気軽に利用することが出来ます!キャンペーンも豊富で、ゲームの種類も豊富なので飽きの無い業者です!