カジノにいるときに時間を知るには?

ラスベガスのカジノ環境はみんなを虜にさせる

ラスベガスはカジノの街として、世界中の人から知られています。この街では、古臭く小さなホテルでもカジノが併設されているので、普通じゃ考えられない環境です。

また、スーパーマーケットの隅っこやレストラン、ガソリンスタンドにもカジノマシンが設置されているので、いつでもカジノを楽しめるようになっています。

ラスベガスにある日本発祥のセブンイレブンでは、本来雑誌コーナーになるはずの場所に、ビデオポーカーやスロットマシンを設置してあります。この事実に、驚きを隠せないですよね。

ラスベガスは街全体で、カジノへの誘導を行っていて、いかにカジノへ足を運んでもらえるようにするのか考えられています。

そのため、ラスベガスのホテルに宿泊する際、エントランスを通ってホテルのフロントに行くまでに、必ずカジノの会場に目が入るような形で作られています。

カジノでたくさん遊んでもらうためには、強引な方法ではなく、念入りに考えられた手段でお客を集めています。

ホテルの客室内には、冷蔵庫やコーヒーメーカーなど、部屋でくつろげる環境を良くしていては、部屋に長い時間滞在することになってしまいます。そのため、飲み物の設置は客室ではなく、1階のカジノフロアで提供をしています。

多くのホテルでは、一般的にレストランを最上階周辺に用意していますが、カジノ街のホテルではカジノに目が入るようにするために、カジノと同じフロアにレストランを用意しています。レストランの利用客が、いつでもカジノで遊んでもらえるように考えられています。

ラスベガスの時計

ラスベガスには時計がない

そして、ラスベガスで1番ビックリすることは、どこを見渡しても、時計が見当たらないということです。

これは、時間を忘れてカジノを楽しんでもらうための工夫になっています。

ラスベガスのカジノだけではなく、他の国のカジノでも同じことが言えるのですが、長い時間カジノで遊んでもらえるようにいろいろな工夫が考えられています。

また、ホテルのフロントに時計を置かないのは、カジノで時間の許す限りではなく、時間を忘れ満足して遊んでもらうことができるように、ホテル側の配慮でこのような状態になっています。

以上で説明した内容の他にも、カジノを長い時間遊んでもらえるような工夫がたくさんあります。

カジノで時間をしっかりと確認したいのであれば、必ず腕時計をしていくことです。

もちろん、これはカジノでの話であって、空港や地下鉄には時計がないと確認できないので、設置されています。

じゃあ、オンラインカジノってどうなの?

カジノでは、時間無制限で、いつまでも遊ぶことができます。このカジノの考えが、同じようにオンラインカジノでも使われています。

会場で行うカジノと同じように、オンラインカジノにも時計の表示はありません。

時計がない理由は、本場のカジノと一緒で、時間を考えずに長い時間楽しくゲームをしてもらうために、表示しないようにしています。

時計があると、何時から何時まではカジノゲームの予定と考えることができるので、きっちりその時間内で遊ぶことになってしまします。

これだと、たくさんカジノゲームで遊んでもらうことができません。そのため、ゲーム画面には一切時計を表示させないようになっています。

本場のカジノのように、オンラインカジノも時間を考えずに、ゲームに集中して楽しんで遊んでもらえるように作られています。

いつもとは違う、非日常的な1日をオンラインカジノでも過ごすことができるということです。