オンラインカジノの歴史を追う

オンラインカジノは1996年に誕生!!

世界ではじめて、オンラインカジノが世に知れたのは1996年頃からになります。

インターネットで「オンラインカジノ」と検索すればたくさんの情報がでてくる時代ですが、誕生してから20年もたってない業界になります。

運営ライセンスの起源

今では、政府公認のライセンス所有が当たり前のオンラインカジノ業者です。はじめてこのライセンスを発行したのは、実は1994年のイギリス加盟国「アンティグア・バーグーダ」です。

世界で初めて正式なライセンスを発行する法律が可決されました。これによって、オンラインカジノを運営できるライセンスができました。

現在も多くのオンラインカジノ運営者が、アンティア・バーグーダ政府公認のライセンスを利用しています。

オンラインカジノで良く使われているソフトウェア会社

オンラインカジノで、よく取り扱われているゲームソフトウェアは「マイクロゲーミング社」です。マイクロゲーミング社は、オンラインカジノのゲームをはじめて開発し提供したソフトウェア会社になります。

会社の設立は、オンラインカジノのライセンスが発行された年と同じ1994年になります。

2014年現在も老舗のソフトウェア会社として「マイクロゲーミング社」は、「ジャックポットシティ(JackpotCity)」「スピンパレス(SpinPalace)」「32RED」など多くのオンライカジノ業者で取り扱われています。

detabase-microgaming

オンラインカジノが普及されるまで

ライセンスが発行できるようになっても、その当時はインターネットも民間に普及してから5~6年しかたっていないため、そんなに回線が早いものではありません。また、パソコンもまだ高価な時代だったため、誰でもオンラインカジノが出来る環境ではないのも、そんなにオンラインカジノが世に広まらなかった原因かもしれません。

全くオンラインカジノが世に広まっていない1996年に突如、出現したオンラインカジノ業者は、現在でも運営している「インターカジノ」です。

政府公認のライセンスをしっかり取得した、世界で初めてオンラインカジノを提供した業者になります。

はじめは、日本語対応はなく、海外だけでのサービス展開を行っていました。

1998年代になると、オンラインカジノにも、実際のカジノにある「ジャックポット」のシステムを導入して、よりオンラインカジノのゲームに楽しみや興奮を味わえる環境になりました。

日本語対応のオンラインカジノ業者が登場

そして、時代は2000年代前半、徐々にオンラインカジノ業者が日本語にも対応してくれるところが表れてきました。それでも、英語を無理やり日本語に変換しているので、読みにくく内容がわかりにくものでした。

確かにゲームそのものは面白いものが多数出ていたのですが、日本語での表記が滅茶苦茶だったため、おもしろみが半減している状態が数年続きました。

それから、2000年代後半になってくると、オンラインカジノ業界の環境が激変し、しっかりとした日本語対応の業者が続々と登場してきました。

日本でオンラインカジノが広まった発端の業者は「インペリアルカジノ」になります。インペリアルカジノは、日本語対応のサポートを1番に始めたオンラインカジノ業者で、日本人向けユーザーにとても信頼されている業者になります。

今までは、オンラインカジノ業界が海外市場だったものが日本市場に参加してきたことによって、業者間での競争が生まれ、より良い日本語対応の業者が増えていきました。

2014年、ここ最近最も日本人に人気のあるオンラインカジノ業者は、日本語サポートやゲームの種類、どれをとっても一流の「ジパングカジノ」がおすすめです。

ジパングカジノの業者情報ページ

Check!このページで紹介した業者はこちら

ジパングカジノ

ジパング(Zipang)カジノ

ジパングカジノは、アカウント登録無しで遊べるフリープレイが人気の業者です!フラッシュ版でゲームをするときは、ウィンドウズ(Windows)、マック(Macintosh)どちらとも対応しているのでほとんどのユーザーが気軽に利用することが出来ます!キャンペーンも豊富で、ゲームの種類も豊富なので飽きの無い業者です!